Top > バーボン・ウィスキーの製法と種類

バーボン・ウィスキーの製法と種類


【バーボン】ブラントン ストレート・フロム・ザ・バレル 700ml

 

主原料は51%以上80%未満のトウモロコシ(80%以上のトウモロコシを含むものは「コーンウイスキー」と呼ばれ、区別される)・ライ麦・小麦・大麦などです。

これらを麦芽で糖化、さらに酵母を加えてアルコール発酵させます。その後、連続式蒸留機でアルコール度数を160プルーフ (80%) 以下に調整し蒸留。その後125プルーフ (62.5%) 以下で内側を焼き焦がしたホワイトオーク(カシ)の新樽に詰めて2年以上貯蔵・熟成させる。熟成の際に焦げた樽の色と匂いが移り、完成したバーボンは独特の芳香を持つようになります。

尚、熟成の際に樽の内側を焦がす理由については、クレイグ牧師が樽を置いていた鶏小屋が火事に遭ってしまい偶然にできたという説、最初から内側が焦げていた樽を偶然使用したのではという説、あるいは魚が詰めてあった樽の生臭さを消すために仕方なく内側を焦がしたのではという説など様々ありますが、詳細については定かではありません。
完成品として市場に出荷される際には、アルコール度数は80プルーフ (40%) 以上であることが義務付けられています。

バーボンの中で、特に2年以上熟成させたものは「ストレート・バーボン」、樽同士のブレンドを行わずに少量を瓶詰めしたものは「シングル・バレル・バーボン」、さらに5~10種類の樽をブレンドしたものは「スモール・バッチ・バーボン」と呼ばれ、区別されています。

 

 ファッション  ブライダルエステ  ギフト
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
バーボンウイスキーについて(2009年9月18日)
バーボン・ウィスキーの製法と種類(2009年9月18日)
バーボンの飲み方(2009年9月18日)
バーボン・ウィスキーの主なブランド(2009年9月18日)